トップページ 旅じたく 旅のしかた 地域・都市情報 宿泊 車いすトイレ トラベルボランティア バリアフリーの取組み 体験・温泉・ウォーキング
基本編チャレンジド 基本編チャレンジド 日本外国 日本外国 日本外国 体験報告けます 日本外国 日本外国

ベルギーツアー前半は盲導犬使用者のサポート、後半は車いすの人をサポートした !

トラベルデザイナーおそどまさこ企画・同行のもと、2001年8月24日?9月1日に行われた、ベルギー・オランダ・デンマーク9日間の旅にトラベルボランティアとして参加したA1090さん。彼女は前半は盲導犬使用者の方をサポートし、後半、車いすを使用するの高齢者の方をサポートしました。

ベルギーツアートラベルボランティア体験記(A1090)

 今回、トラベル・ボランティアとして初めておそどさんのツアーに参加させて頂きました。初めて出会う、しかも年上の人ばかりの中での旅行ということで始めは正直緊張しました。盲導犬をつれた人、白杖をもった人、車いすにのった人、一般に単独参加された人、トラベル・ボランティア幅広い年齢層の人たちが一緒に旅行をする企画、参加できて本当にうれしいです。
 北欧は福祉面で充実しているということで、どんなところに工夫がされているのか目を向けて見ました。まず、国民全体が将来を考え50%の税金を働いて払っていることに驚きました。それにより、将来に不安を抱えることなくおおらかな人柄でいられるということがすごくうらやましいです。
 街に目を向けると、博物館など公共の建物の入り口に車いすでも安心して入れる設備が設けてあったり、鉄道のなかに広いスペースが設けてあったり、道路には車いすが通りやすいよう二本の線がいれてありました。自転車道と歩道が同じ位の幅で別に
区切ってあり、日本みたいに後ろを気にしながら歩かなくてよい事に感動しました。
 ベルギーのブルージュでは、北欧の介助犬が集まり催しが行われる‘HACHIKO,に参加させてもらい日本と北欧の違いをここでも学ばせてもらいました。
 ツアー中はどれも思いで深い出来事だったのですが、そのなかでも実際に肌に触れて体感したものはよく覚えています。
 北海の水をみんなで触って「つめたーい。」と感想を言い合ったり、ワーテルロー古戦場でライオンの像のあるピラミッドのような形をしたところの頂上を目指してみんなで登ったり、風車の並ぶ町へ行き実際風車小屋に登ったりしたことです。そして、最後の夜チボリではみんなで絶叫マシーンにのりました。ただ人数が少なくそれが残念でした。
 普段、私が同じ年頃の友達としか行かない場所にいろんな世代の人と訪れ一緒の乗り物にのって楽しめたことがすごく印象に残りました。目の不自由な方が、率先してのっておられる姿にびっくりしました。あまり絶叫物にのったことないわたしはびびってふるえていたのですが、その方に「大丈夫、大丈夫。」といってもらいすごく心の支えになりました。不思議と怖さもなくなり、楽しめました。
 わたしは、目が見えないことは本人にとってすごく悲しいことだと思っていました。しかし話を聞いていくうちに、今までの考えをくつがえされました。本当に挑戦的な人ばかりでその冒険心に感心するばかりでした。つい、制限するような言葉をかけてしまいがちだけど、それが一番かけてほしくない言葉だと言っておられました。
 誰でも冒険したいという気持ちはあります。それは体が不自由な人でもそうではなくても関係ありませんよね。
わたしは、こんな考えをもっていたことと先入観で人を当てはめ腫れ物にさわる扱いをしていた自分が恥ずかしかったです。きっとこの旅に参加していなかったら気づいてなかったかもしれません。少なくともこの時期には気づいてなかったと思います。
 トラベルボランティアとして一人の人につくことは何度かありましたが、体が不自由な人をサポートし、旅をするのは初めてでした。大事なときに目を離してしまったり、うまく誘導や情景説明ができなかったり相手に安心して旅ができてもらえたという自信はありません。でもその分、周りの人たちに支えてもらいました。自分の意思ではなく本人に直接聞くべきだったという場面に直面したり、怠りを注意されることが度々ありその度にへこんでました。
今おもうと、ひとつひとつが改めてものごとを見直すいいきっかけでした。
 旅行の中で多くの人と話し、いろんな出会いができたことはすごくよかったです。
 年齢を聞き、びっくりするほど、はつらつとした人が多く、私も元気に年をとりたいと思いました。最大の反省点は、うまく自分の時間が調整できなかったことです。最後は、疲れが隠せませんでした。
 相手は自分の鏡です。この言葉が重かったです。相手とギクシャクしてしまってはお互いに嫌な思いで終わってしまいます。もしわたしの
気持ちが相手に伝わり不愉快な気持ちにさせてしまっていたら申し訳ないです。
 このツアーに参加された皆さんのおかげで迷惑かけつつお世話になりながら無事に旅を終えることができました。偶然再会するかもしれないし、もう会うこともない人もいると思いますが人生は一期一会です。忘れません。
 また機会があったら参加したいです。もちろんトラベル・ボランティアとして。


★旅こもんドットコムにようこそ★
「旅顧問(こもん)ドットコム」は東京・多摩市に拠点を持つNPO法人 ジャパン・トラベルボランティア・ネットワーク(JTVN)が運営しております。
» 旅情報投稿専用メールフォームはこちら。

老後は誰でも身体に障害を持つことは否めません。そんなときでも、自助具を使いこなし、車いすを漕いだり盲導犬を伴って元気に活動したい。なかでも誰でも実現したいことのひとつが介護保険でカバーされない外出や旅でしょう。私たちはいつでも、誰でも、日帰りの旅から地球のどこまでも、元気の源となる旅ができる仕組みづくりをめざしております。

日本の旅、世界の旅に同行する旅行介助ガイドを引き合わせます

費用は 1日8時間 19000円です。
福祉や看護のスキルがあり、初級、中級講座を受講し、旅専門の同行介助力の備わった登録旅行介助ガイドが車いすを押したり手引き等、日帰りから宿泊のともなう旅、国内そして海外へ。公共交通等を使ったり、旅行会社企画のふさわしいツアーを見つけたり、ご希望の旅実現のサポートをいたします。下記ホームページも併せてご覧ください。
» http://www.womanstravel.net

また、旅こもんドットコムでは高齢者、障がい者、闘病者の旅行会社が引き受けない旅立ちの電話、FAX、メール相談を承っています。JTVNへ会員登録を済ませていただくと1年間無料で何度でも受けることができます。
お問い合わせは、メール: jtvn@womanstravel.net TEL: 042-372-8501まで。

JTVNのもうひとつの仕事は、日本の地域のバリアフリートイレ情報、UD観光情報、旅行介助人材育成の三点同時構築です。22年度は、鳥取全県と東京都多摩地域で、23年度は和歌山全県で取り組んできました。予算化されれば、日本の地域に伺い、地域組織の自律自転をめざし、同レベルのUD社会の仕組み作りのコーディネートを承ります。
» http://hohohonet.info/